B型肝炎訴訟 Q&A

血液検査でB型肝炎ウイルスに感染していることが分かったらどうすればいいですか?

B型肝炎に詳しい医師による肝臓の精密検査が必要です。

血液検査によりB型肝炎ウイルスに感染していることが発覚するケースの一つとして、急性肝炎を発病した場合で、その原因を調べるために受けた血液検査でHBs抗原が陽性であるケースが挙げられるかと思います。

これに対して、定期検診時や献血の検査など発覚したケースでは、多くの方はB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)であると考えられます。

ちなみに、B型肝炎ウイルス(HBV)の急性感染かB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)を判断する方法は以下の通りです。

①IgM型HBc抗体検査(急性感染では陽性、B型肝炎ウイルス持続感染者の多くは陰性を示す)②HBc抗体力価の測定(一般にB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)では高力価を示す)
③HBs抗原量やHBc抗体価の推移を追う
など。

給付金診断はこちら

CM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベストまでご相談ください。

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
こんなご相談も受け付けております!
私は給付金対象なの?
給付金はいくらくらいもらえるの?
給付金請求したいけど、
どんな書類が必要なの?
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ
営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

CM

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
相談料・調査費用無料!お気軽にご相談ください。