B型肝炎 追加給付金請求について

追加給付金請求

国は、病態・発症の時期によってB型肝炎給付金の額を定めており、B型肝炎給付金請求訴訟で国と和解した場合には、50万円~3,600万円の範囲で、病態区分に応じた給付金が国から支給されます。

しかし、病気というものは時間とともにその病態が変化する場合があります。特に肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、自覚症状が現れにくいため十分に気を付ける必要があります。
中には国からB型肝炎の給付金を受け取った後に、病態が進行し、悪化してしまう方もいらっしゃいます。

そこで、本ページではB型肝炎給付金請求訴訟の「追加給付金請求」に関して、弁護士が解説します。

1. 一度、国からB型肝炎の給付金を貰ったら、もう給付金は貰えない?

追加給付金の疑問

いいえ、そんなことはありません。

B型肝炎ウイルスが原因で病態が進行した場合は、原則、進行後の病態にかかる給付金の金額と国から支給を受けた給付金の金額との「差額」の給付金を受け取ることができます。

以下で具体的な事例を挙げて解説します。

(例)「慢性B型肝炎」から、「肝がん」に悪化したAさんの事例

Aさんは「慢性B型肝炎」を患っています。過去にB型肝炎給付金請求訴訟を起こし、国と和解して、国が定めた給付金「1,250万円」を受け取りました。

しかし「1,250万円」の給付金を受け取った後、Aさんの病態は悪化し、「肝がん」に進行してしまいました。Aさんは追加給付金の請求を考えました。

Aさんが「肝がん」に病態が進行したと分かったタイミングで追加給付金請求を行った場合、以下のように追加給付金を受給することができます。

進行後に2350万円の追加給付金

肝がんの給付金額は、「3,600万円」です。
進行後の病態区分である「3,600万円」と、過去の訴訟で受け取った「1,250万円」の差額である「2,350万円」をAさんは受給することができます。

※ただし、20年の除斥期間が経過した肝硬変(軽度)、慢性肝炎、無症候性キャリアの方の病態が進行した場合は、既に支給された給付金を控除することなく追加給付金が支給されます。

ご自身の追加給付金の額が気になったら、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

2. 追加給付金請求の手続きは難しい?

手続き

本ページをご覧の方の中には、「また以前の訴訟の時のように、時間がかかるし、書類を揃える必要があるのか…」「何だかめんどう」「難しそう」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、追加給付金請求の手続きは、初めてB型肝炎給付金請求訴訟を行った際の手続きよりも、シンプルで時間もかからないため、難しいことではありません。

B型肝炎ウイルスが原因で病態が進行した場合、継続的な通院や、新たな治療などが必要になることが予想されます。
中には、何とかB型肝炎と上手く付き合って仕事を続けていたものの、病態の悪化によって働くことができなくなってしまう方もいらっしゃいます。

B型肝炎ウイルスが原因で病態が進行してしまったら、適切な治療を受けるためにも、安心した生活を送るためにも、追加給付金請求は「絶対に行うべき」です。「めんどうだから」「難しそうだから」と諦めず、まずは弁護士に相談してみましょう。

3. 追加給付金を貰うには、どこに相談すればいい?

ベリーベスト法律事務所では、B型肝炎の追加給付金請求も数多く行っております。

過去に当事務所でお手続きをされた方はもちろん、他の法律事務所でお手続きをされた方も、お気軽にご相談ください。

4. いつまでに追加給付金の申請をすればいい?

時計と書類

B型肝炎追加給付金請求は、請求する方が「病態が進行したことを知った日から3年以内」に請求する必要があります。

医師から「病態が進行している」と言われた場合には、追加給付金請求ができる可能性がありますので、すぐに当事務所までご連絡ください。

5. 追加給付金を受けるためには、再度、訴訟が必要?

いいえ、訴訟を提起する必要はありません。

そのため、手続きは以前にB型肝炎給付金請求訴訟を行ったときよりもシンプルで、提出資料が少ないことや、給付金を受け取るまでの時間が短いことが特徴です。

6. 追加給付金の申請をしたら、いつ給付金が貰える?

給付金

申請に必要な書類をスムーズに揃えることができた場合、早ければ申請から2ヶ月程度で追加給付金を受け取ることができるケースもあります。

B型肝炎の追加給付金請求は、新たに訴訟を起こす必要がないため、初めて国へB型肝炎給付金請求訴訟の手続きを行ったときよりも、早く給付金を受け取ることができるケースが多いのが特徴です。

ただし、提出書類の内容や病態等によっても異なりますので、一概には言えません。
「いつお金が貰えるのか」は、特に気になる点だと思いますので、実際に追加給付金請求の手続きをする際、受け取りまでにどれくらい時間がかかりそうか、弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

7. 追加給付金の手続きにかかる弁護士費用は?

弁護士費用は完全成功報酬制です。
支給された給付金額の9%(税抜き)を支給後に差し引かせていただきます。

以上、B型肝炎の追加給付金請求の疑問や手続きについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
追加給付金請求のお手続きをお考えの方や、お手続きに不安がある方は、お気軽にベリーベスト法律事務所までご相談ください。

CM

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベストまでご相談ください。

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
こんなご相談も受け付けております!
私は給付金対象なの?
給付金はいくらくらいもらえるの?
給付金請求したいけど、
どんな書類が必要なの?
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ
営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

CM

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
相談料・調査費用無料!お気軽にご相談ください。
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ