B型肝炎用語集 か行

血清総ビリルビン 

読み方
けっせいそうびりるびん

総ビリルビンは血液を循環する黄色の色素のことです。人間も含め尿や便の黄褐色は、このビリルビンに由来しています。ビリルビンは赤血球やコレステロールが壊れたときに出る物質です。血流に乗って肝臓に入り、肝臓から分泌する胆汁の成分として、胆嚢に貯められています。次に胆嚢から胆管を通って、十二指腸と小腸をすり抜けて、最後は腎臓で尿に混じったり、大腸で便に含まれて、体外に排出されます。血液中のビリルビン量は体調による変動幅が大きいですが、普段は血液中にはごく少量しか存在せず、病気になると異常に大きく上昇します。そのため、血液検査で胆嚢や肝臓の状態を知るための重要な項目になっています。

給付金診断はこちら

CM

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベストまでご相談ください。

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
こんなご相談も受け付けております!
私は給付金対象なの?
給付金はいくらくらいもらえるの?
給付金請求したいけど、
どんな書類が必要なの?
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ
営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

CM

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
相談料・調査費用無料!お気軽にご相談ください。
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ