顕性感染

不顕性肝炎が、症状が出現しない肝炎に対し、急性肝炎を起こし症状が出現したものを示します。

原発性胆汁性肝硬変

中年の女性に発生することが多い特徴的な病気です。肝臓のなかの胆管の一部が、自己免疫の機序(メカニズム)によって徐々に破壊されるために胆汁の流れが悪くなり、その結果「慢性肝内胆汁(まんせいかんないたんじゅう)うっ滞(たい)(慢性非化膿性破壊性胆管炎)」が起こり、最終的には肝硬変へと進行する病気です。

抗ウイルス療法

抗ウイルス療法とは、薬によりウイルスの増殖を抑えることを目的とした治療法で、B型肝炎ウイルスの治療においては、注射により体外からインターフェロンを補うインターフェロン療法と、経口薬(核酸アナログ製剤)があります。これらの治療法は、肝臓の状態や全身状態をよく把握し、副作用に注意しながら慎重に行う必要があります。

抗HBs人免疫グロブリン製剤

人の血液の中に含まれるB型肝炎ウイルスを攻撃する抗体を取り出して集めた薬のことです。
この薬を投与すると、肝移植後に増殖や活性化しようとしているB型肝炎ウイルスを攻撃し、ウイルスから肝臓を守ります。

抗原

免疫反応を引き起こす物質のことです。(例えばウイルスや細菌、花粉など)

抗体

B細胞によってつくられ、特定の抗原と反応するタンパク質のこと。免疫グロブリンとも呼ばれます。

抗体価

ウイルスに感染すると血清中に抗体を産生しますが、ウイルスなどのタンパク質(抗原)に対して産生された抗体の量を示す指標のことです。

高力価HBs人免疫グロブリン

HBIGと略されます。B型肝炎ウイルスへの感染を防止する作用のあるHBs抗体が多量に含まれた人の血漿を原料として作られた、γ-グロブリン製剤(血液中のさまざまな抗体を取り出して製剤化したもの)です。高力価HBs人免疫グロブリンを筋肉注射すると、短時間のうちに血液中にHBs抗体が出現し、B型肝炎ウイルスの感染を防ぐことができます。したがって、B型肝炎ウイルスに接触してしまったとき、緊急に感染を予防するために用いることができます。たとえば、B型肝炎ウイルスに感染している母親から生まれた新生児に注射したり、医療関係者がB型肝炎ウイルスに感染している患者の血液に誤って触れてしまった場合などに使用することもあります。

国家賠償

公権力の行使に当たる公務員がその職務を行うにつき違法に加えた損害や、公の営造物の設置管理の瑕疵に基づく損害について、国又は公共団体が国家賠償法(昭和22年法律第125号)の規定に基づいて行う賠償のことです。

国家賠償請求訴訟

国を被告とし、国の法的責任に基づく損害賠償等を求めた裁判の事です。

10 / 20« First...89101112...20...Last »
給付金診断はこちら

CM

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベストまでご相談ください。

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
こんなご相談も受け付けております!
私は給付金対象なの?
給付金はいくらくらいもらえるの?
給付金請求したいけど、
どんな書類が必要なの?
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ
営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

CM

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
相談料・調査費用無料!お気軽にご相談ください。