ウイルス血症

ウイルスが血流に侵入し全身へまわってしまった状態です。類似の用語として細菌が血流に侵入する菌血症があります。

ウイルス性肝炎

肝炎ウイルスに感染して、肝臓の細胞が壊れていく病気のことです。本来肝臓は再生能力が高く、手術でその半分以上を切り取っても元の大きさまで再生できるほど丈夫な臓器ですが、このウイルス性肝炎になると徐々に肝臓の機能が失われていき、肝硬変や肝がんといった、再生すらも不可能な病気に進行することがあります。
主に、A型、B型、C型、D型、E型の5種類の肝炎ウイルスがあります。

ウイルスマーカー

ウイルスに感染すると、証拠となる免疫グロブリン(Ig)が血液中に出現します。この免疫グロブリン(Ig)をウイルス・マーカーと呼びます。その原因となるウイルス(抗原)が出ていたり、そのウイルスを排除しようとする免疫機能(抗体)が出てくることで、感染したウイルスの種類や感染力、量などを知る手がかりになります。
ウイルスマーカーは、ウイルスの種類によって変わります。

【B型肝炎のウイルスマーカーの種類】
HBs抗原、HBs抗体、HBc抗体、IgM-HBc抗体、HBe抗体、HBe抗原、HBV-DNAポリメラーゼ、HBV-DNA

ウインドウ期

感染をしてから検査で陽性と判定できるまでの期間をさします。

うっ血肝

急性心筋梗塞や肺炎などで、急に心臓の働きが低下した急性心不全の患者さん、あるいは、心臓弁膜症や高血圧性心臓病で慢性的に心臓のはたらきが悪い慢性心不全の患者さんに生じる肝障害のことです。血液が循環しないために肝臓に血液がうっ滞(たい)して、肝臓が腫大するとともに、低酸素血症も加わることにより肝臓の組織が障害を受けます。

ウルソデオキシコール酸

B型肝炎の治療に用いられる利胆剤の中の催胆剤(胆汁の分泌を促す)の1種です。胆汁の流出量を増加させます。
胆汁には、胆道(胆管・胆嚢(たんのう))を洗浄する、肝機能を活発にして消化・吸収を高める、血液中のコレステロールを減少させる、排便・排尿を促すなど働きが作用があり、肝機能の改善を目的として用いられます。

HEV

E型肝炎ウイルスの略称です。

HAV

A型肝炎ウイルスの略称です。

HCV

C型肝炎ウイルスの略称です。

HDV

D型肝炎ウイルスの略称です。

3 / 2012345...1020...Last »
給付金診断はこちら

CM

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベストまでご相談ください。

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
こんなご相談も受け付けております!
私は給付金対象なの?
給付金はいくらくらいもらえるの?
給付金請求したいけど、
どんな書類が必要なの?
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ
営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

CM

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
相談料・調査費用無料!お気軽にご相談ください。