B型肝炎の基礎知識の冊子作成

全国B型肝炎訴訟(集団予防接種等の注射器使い回しによる感染被害について、国に責任を求める訴訟のこと)の大阪原告団が、B型肝炎への基礎知識などを盛り込んだ冊子を制作しました。

そのタイトルは、「この光景を覚えていますか?」(A5判、32ページ)。

冊子には、表紙に、子供が列をなして注射の順番を待つイラストが描かれており、使い回しの注射器でウイルス感染を拡大させた、集団接種のシーンを印象づけています。 同問題を巡っては、使い回しを規制しなかった国と、各地の原告らが2011年6月、救済措置を盛り込んだ基本合意書に調印し、解決に向けた条件が整った。だがしかし、国との和解の前提となる提訴に踏み切った被害者はわずかで、潜在的な患者は多いとみられている。 同原告団は「冊子をきっかけに、一人でも多くの人が救われれば」と話している。

同訴訟は、最高で3600万円の和解金を、原告側と国が症状などに応じて支払うことで基本合意している。 感染被害者は全国に45万人いるとされるが、9月末現在で和解の条件となる提訴を行った患者は全体の2%に当たる9328人で、そのうち大阪原告団(近畿2府4県と徳島県)では1942人にとどまっているという。

そんな状況から、同原告団は、基本合意から2年を機に冊子作成を決定した。 約3万部を印刷し、府内の医療機関などで無料配布しているこの冊子は、注射器の使い回しが1988年頃まで続くなどした被害拡大の経緯や和解対象者の認定条件、日常生活では感染しないなどの知識のほか、患者らの手記も掲載した。

集団接種で自身が感染し、子供2人にもウイルス感染したという代表の小池真紀子さん(61)(富田林市)は「自分自身が患者と知らない人も多い。被害者以外の人もB型肝炎の実態にふれ、一緒にこの問題を考えてほしい」と話している。

2013年10月07日

給付金診断はこちら

CM

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベストまでご相談ください。

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
こんなご相談も受け付けております!
私は給付金対象なの?
給付金はいくらくらいもらえるの?
給付金請求したいけど、
どんな書類が必要なの?
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ
営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

CM

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
相談料・調査費用無料!お気軽にご相談ください。
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ