検査怠ったためにB型肝炎で男性死亡

主治医(血液内科30代男性医師)が必要な肝炎ウイルス検査を怠った結果、患者(神戸市内の60代の男性)が劇症肝炎を発症し、死亡していた事件が神戸市立医療センター中央市民病院であったと、神戸市民病院機構が発表した。
男性は昨年5月から、悪性リンパ腫の化学療法のため入院していた。
過去にB型肝炎ウイルスに感染していた結果がでていたのにもかかわらず、治療の担当であった医師は、過去に感染歴がないと誤認していた。
そのため、厚生労働省のガイドラインで、感染歴のある人が化学療法を受ける際に必要とされている、毎月のウイルス量モニタリング検査を怠っていた。

2013年10月10日

給付金診断はこちら

CM

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベストまでご相談ください。

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
こんなご相談も受け付けております!
私は給付金対象なの?
給付金はいくらくらいもらえるの?
給付金請求したいけど、
どんな書類が必要なの?
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ
営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

CM

営業時間:平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
相談料・調査費用無料!お気軽にご相談ください。
  • 無料通話 0120-70-7000
  • お問い合わせ